ヤマセミ

ヤマセミ_H7H7.jpg

ヤマセミ

ヒマワリの種を食べに四十雀が訪れている。
でも、雀がアッと言う間にヒマワリの種を
食べたのか落としたのか無くなってしまう。
これの対策があれば~なと。

他の方の画像を見ると動き物でもピントGood!
YOROG3も性能の良いカメラが欲しくなる。
ミラーレスも持ってない時代遅れの爺さん。
欲しいのは1眼レフ!
あのあのカメラです。

コガラ

コガラ_H7H0370.jpg

コガラ

名前を図鑑で調べるが難しいです。
特徴がハッキリしていて、
同じ様な仲間が居ないとYOROG3でも解る。

この頃は一寸バランスを崩すと老化かなと。
ダンベルを持ってのスクワットでの影響か?
左足の膝に一寸違和感を感じる。




ミヤマカケス

カケス_H7H0127.jpg

ミヤマカケス

冬に向かう季節はどうも気持ちも暗めですね。
ここ、しばらくは山歩きをしてない。
装備をどうするか迷うほどです。
それに足腰も弱っているので、
これを少し鍛えないとなりませんね。
近郊では高い山はないので訓練もおぼつかない。
そんな時に一寸したハイキングコースをTVで知った。
荷物を重くして足腰鍛錬に歩いて来るか。

ダイサギ

ダイサギ_01.jpg

ダイサギ

やはり冬に北海道へ向かわないとモチベーションが下がりますね。
何して過ごすかなと。
一番やる事は断捨離でしょうね。
これは絶対にやらないとなりません。

YOROG3はテーマにも高齢者と入れている。
ラジオを聴いていると胡呂那の事ばかり(-_-;)
盛んに高齢者を連発。
何かこの高齢者と言う言葉がひっかかった。

中齢者・低齢者とは言わない。
どうやら1980年頃にマスコミが使い出したと。
これが解ったら高齢者は自分では使いたくない。
YOROG3は年寄りや爺さんであずましい。

冬ヤマセミ

雪ヤマセミ_TRS0189_01.jpg

雪の中でのヤマセミを撮りたいと北海道へ。
現地に入ってカメラをセットして撮影開始だった。
早朝なので光が足りません。
雪にピントがもってゆかれる。
本降りになると肉眼でもヤマセミが見えなくなる。
体験してみないとわかりませんね。
負け惜しみですが、簡単に撮れないから面白い!

蝦夷鹿

蝦夷鹿_A1E0443.jpg

蝦夷鹿

阿寒の森で早朝に出会った蝦夷鹿。
北海道で出会う野生の動物の代表者かな。
厳冬の森で出会うとまさに野生動物。
樹木の皮を食べるので防護の網が木を覆っている。
蝦夷鹿の生きる環境はなか々厳しい。
YOROG3は親しみを持っている動物です。

登山のバイブに遭難時の事がある。
炭水化物が枯渇すると筋や脳・神経系が働かなくなると。
絶食が続くき飢餓状態になると、
身体が適応して脂肪だけで筋・脳・神経系を
働かせるようになるそうだ。
1週間くらいは歩き続けられる脂肪が蓄えられている。
じっとしていれば、1ヶ月くらいは頑張れると。
蝦夷鹿ももしかしてこうした能力を使っているのかな。

蝦夷栗鼠

A_蝦夷栗鼠.jpg

蝦夷栗鼠

北海道で撮った画像のなかで記憶に強く残る1枚。
何も食べる物がない様な環境で生きるエゾリス。
その生態にも凄く興味をそそられましたね。
他の場所で餌付けされたリスとは違いますね。
クルミを食べていても警戒は怠らない。

何とかこの冬にも北海道に行きたいですね。
少し時期を違えて行ってみるのもどうかなと。
こんな事を考えていると気持ちも和んでくる。

天竜沼かな

天竜沼_DSC8900.jpg

天竜沼

しばらく訪ねていないのであっているかな。
アブが凄くいたのが記憶に残っている。
北海道に行きだした頃はアブが気になった。
今は殆ど気にしないでいる。

YOROG3は野菜が足りないなと言う時に
キャベツのスープを作る。
ネットで見つけたメニューですが。
キャベツを細かくきざんで、
これにベーコンも投入します。

キャベツとベーコンの入った鍋に。
一人分ならコンソメスープの素を1個投入。
当然にお水は300ccですね。
塩・コショウ適当に・・・
これをしばらく煮ると出来上がり。

YOROG3は自己流ですこし醤油を足しますね。
これに昨日は卵を流し入れました。
すると凄く美味くなりましたよ。
タンパク質も増えて栄養的にGoodだ~

ヤマセミ

ヤマセミ_TJY0045.jpg

ヤマセミ

この時の撮影時もなか々ヤマセミに会えなかった。
気分転換に一寸付近を歩いてみた。
そしたらヤマセミちゃんが木の枝におりました。
先ずは無難な箇所で三脚セットでパチリ。
冷静に枝かぶりをチェックして少し場所移動。
それがこの画像です。
他の方も居なかったのも幸いしました。

一番ガッカリするのは何度も会っているのですが。
川の調査をしてる方でしょうか?
半日は川に入っておられるのでこの時はあきらめ。
たまに釣りをやる方が川の中を移動して来ます。
しばらくはYOROG3はあきらめて珈琲など頂きます。
身体の温まるシチューや珈琲をチャンと持参。
北海道では保温カップでないと直ぐに冷えてしまう。
蓋付きの珈琲カップが宜しいですね。

ウンがよいナキウサギ

ナキウサギ_H7H0508.jpg

ナキウサギ

この時の撮影も運が良いと思いました。
最初はナキウサギがカメラに向かってくれた。
それがお尻をむけてのポーズになった。
珍しいなと思っている内にウンチをしだした。
あ~長いウンチ。
盲腸糞だと思った。
珍しい生態を見せてくれた。
ナキウサギが恥ずかしのか右側が枝かぶり。

ヤマセミ親子

ヤマセミ親子.jpg

ヤマセミ親子

何度見てもこの時の興奮は忘れない。
この瞬間だけでも北海道に来た価値はあると思いました。
ヤマセミの子供がどこかに姿を消した。
YOROG3は子供の姿を焦って探した。

あ!見つけたとすぐさまカメラを移動してセット。
露出などを合わせて子供を撮っていると、
な何と親鳥が飛んで入って来た。
タイミング良くシャッターが切れた。
ヤマセミの子供が最高の羽の動きをしてくれた。

YOROG3はモニターを見て確実に撮れたかの確認。
最高の北海道夏の思い出です。

ハシブトガラ

コガラ_H7H0965.jpg

ハシブトガラ

名前を間違えておりました。
ご指導をありがとうございました。感謝!

撮影前にはレンズのチェックをしているが。
YOROG3には前ピンの感じをうける。
フォーカスポイントは羽にチャンとおいている。

新しいカメラやレンズが欲しくなりますね。
何か買い替えると良い写真が撮れるような気持ちになる。
道具ではなくて腕のせいだとわかっているのだけど。
自分はそう簡単に変われないないからね。

蝦夷栗鼠

蝦夷栗鼠_A1E0294.jpg

蝦夷栗鼠

蝦夷栗鼠はYOROG3は大好きです。
可愛いの一言です。
森の中でもカラスに非常に警戒してますね。
よくカラスが飛んで来るのですよ。
地面に下りている時は狐も警戒対象かな。
クルミを掘る時は危ないですからね。



ダイサギ

ダイサギ_H4H0198.jpg

ダイサギ

目の縁にある色でダイサギと判断しました。
大型の鳥は間合いが厳しい。
一寸詰めると飛び立ってしまいます。

この時は餌を餌を得る事に夢中だったのかな。
見事に魚を咥えておりました。
冬の千歳川に初めて訪れた時の事です。
ヤマセミを撮るのが目的でしたが。
その目的は空振りでした。

冬の川べりの寒さは格別でしたね。
それでも阿寒での川で丹頂を撮影よりは温かい。
この時は足のつま先が痺れてきましたから。

クマゲラ

クマゲラ_TTT0471.jpg

クマゲラ

北海道でも絶滅危急種で環境省RDBで絶滅危惧種Ⅱ類。
これがクマゲラです。
道外のYOROG3が3回も会えた事が奇跡。
それも誰も居ない場所で・・・
カメラに捉える事が出来なかったのが2回。

残り少ないYOROG3の時間の中で、
今一度クマゲラに会いたいものです。
ダメもとで次回はクマゲラを探しに歩くかな。
やはり冬のクマゲラが良いと思うけど、
知人が見せてくれた子育てのクマゲラも捨てがたい。

蝦夷栗鼠

エゾリス_A1E0297.jpg

蝦夷栗鼠

画像をチェックすると何度も決定的チャンスを逃している。
YOROG3の未熟さをあらためて反省。
老化のすすむ中でスキルの向上は望めるかな?
ま~あきらめないで精進するだけが希望につながるかな。

YOROG3は下半身の運動は早い時から気に掛けてやっていた。
でも、上半身もそれなりにはやっていた。
効果のあるほどかと言うと一寸あやしい。
8㎏のダンベルに替えてからは辛さもアップ。
そのぶん効果を自分でも感じている。

YOROG3は着る物がないので、
今だ半袖短パンで日々の殆どを過ごしている。

ヒマワリ

ひまわりDSC_8349.jpg

北海道に行くようになった初期の頃は観光的に訪ねていた。
それでもローカルなエリアにも足を向けていた。
どちらかと言うと広大な風景にみせられておりましたね。

十数年間に正月を自宅で迎えた事はなかった。
今度の正月は一応自宅に居る予定。
でも、山に向かう為にスタッドレスタイヤに本日交換。
時間がとれたら北海道にそっと行ってみたい。
一番雪の多い時期に行ってないので。

オソウシ温泉

オソウシ_H7H0092.jpg

オソウシ温泉

林道をしばらく走った所にオソウシ温泉はあります。
周囲には何もありません。
画面の中央に番犬がおります。
この犬は熊よけの役目もしている。
早朝に散歩に行くと番犬もチャンと来てくれます。

連日マスコミではコロナ感染者増大を大騒ぎ。
素人考えで同じ環境でこれに掛からない人もいるのではと。
風邪でも家族全員と言う事は体験してない。
感染しない身体作りなどをもっと知りたいものです。
YOROG3はしっかり睡眠・しっかり食べるくらいかな。

なきうさぎ

ナキウサギ_H7H0620.jpg

なきうさぎ

YOROG3口の筋力が落ちている。
寝ている時に口呼吸になっているのです。
早速、筋肉を強化のグッズ探しました。
何と売り切れになっているのです。

そこで取りあえずと口テープを買いました。
昨晩におそるおそる口に貼って寝てみました。
それは々チャチイテープ。
寝てる間にとれるか取るかと思っていた。

な何と朝までチャンと付いておりました。
それに口が乾く事による睡眠障害も無し。
これりゃ~良いわと思いました。
あとは筋肉強化のグッズを手に入れる事だ。

蝦夷栗鼠

えぞりす_H8R0244.jpg

蝦夷栗鼠

画像はエゾリスがカメラを警戒して移動する寸前。
撮影した画像を並べて見ていると同じ大きさが続く。
動物の警戒心の間合いが感じられる。
この場所は散歩の方が居ります。
無愛想にしてないと話し掛けられる。
折角の撮影チャンスがふいになります。

昨夜の筋トレは回数を全体的に増やしてみた。
スクワットも休まず70回までに。
以前は結構速くやっていたが、
一回々をゆっくりとする事を心掛ける。
最後はもう~限界と言う感じでした。
ダンベルも胸の前で左右に開く種目も取り入れた。
ともかく、老化に抵抗をしてゆくのだ。

クリント・イーストウッドの『運び屋』
エンディング曲に
♪老いを迎え入れるな もう少し生きたいから
 老いに身をゆだねるな ドアをノックされても♪

クリント・イーストウッド凄いね!