ちび茶

ちび茶G7R_0953.jpg

ちび茶

旅立つ日から20日前のちび茶。
もう、歩くのも辛かったのでしょう。
すっかり痩せ衰えている。

今はこの後ろの桜の下で眠っております。
山に行くと家々の近くにお墓を目にします。

ちび茶を庭に葬ってお墓が近くにあるのが良いなと。
目にする度にちび茶を思い出す。
お別れしてから直ぐはその時の姿を。

時間が経過すると元気な頃の姿を思い浮かべる。
きっと来年は桜やチューリップの下を歩くちび茶と
会う事が出来ると思っております。

川苔山へコブタカ山・鋸尾根経由

A川苔山0913.jpg

5時半に駐車場をスタート。
天候が怪しい為か何時もより車が少ない。
当然に登山者も数人だけ見られた。

登山口CN2187.jpg

鳩ノ巣駅から急登が始まります。
雪が降ったら車が登れるのかと言う斜度。
登山口近くでは一段と急な登りになります。
民家には自宅に荷物を運ぶためのモノレールがあります。

YOROG3は常に背負う荷物は11㎏超えで登山。
一つに登山は足腰の鍛錬と考えておるからです。
山のバイブルに登高時の運動強度があります。
この表に当てはめると運動強度では6.5~7.1メッツ
くらいに当てはまる。
ま~一般的な登山はOKかなと。
わざと荷を重くする事も意味があります。

落ち葉DSCN2198.jpg

鋸尾根を越えて3度目の休憩場所です。
これを見ても山は秋の気配を感じますね。
この場所での休憩はYOROG3は好きです。

光DSCN2200.jpg

休憩しながら綺麗だったので撮ってみました。
一寸露出は落としました。
花や風景や山歩きではハッとする瞬間に出会えますね。

下山時に山天気を見るとどうやら下り坂が早まった。
昨夜の予報では日中はお日様が出ると。
下山を始めると雨が降りそうな感じになってきた。
そんな中まだ1時間以上掛かりそうな場所で、
登って来る何人かの人に会いました。
すれ違ったあとには霧雨が降ってきた。
遅い登山者さん達は大丈夫なのでしょうか。

岩が濡れてYOROG3も1~2度足が一寸取られた。
もちろん、大事になったりはしませんが。
自分の気持ちのなかで反省の気持ちがわきました。
こうした事が大事に繋がると自分に戒めた。
原因は急ぐ気持ちでしょうね。




馬_H7H0100.jpg

ばん馬でしょうか?

これは確か足寄町で撮ったとおもいます。
有名な歌手の出身地ですね。

天候が悪い日が続いて落ち着きません。
明日は一寸晴れ間と読んで登山に行きます。
足が衰えているだろうなと。

それでなくとも高齢者は体力維持が難しい。
周囲の先輩を見ても老いを感じる。
YOROG3もそうなんだろうなと。
見慣れた自分の顔にはどうしてもあまい観察。

GPSマップ

なきうさぎ_H7H0030.jpg

ナキウサギ

今朝は台風が気になって少し早めに目が覚めた。
あれれマスコミが言うほどの事はまた々ないんでないかい。
早起きだったのでGPSなどのversionアップをやってみた。
地図も時間が掛かりましたが最新版に更新出来ました。

その後は冬の北海道のプランをあれこれと検討した。
フェリーで苫小牧が続いているので、青森から函館も一寸頭に浮かびました。
暮れと言えば本別町の床屋さんで散髪も捨てがたい。
今年の正月では千歳から一気に函館で夜中に東北道を一気に走り抜けた。
シンドイドライブを経験しました。
爺さんなのによく走れたとYOROG3自身が驚きでした。

朝から冷や汗でどっと疲れた

さ~仕事と思ってパソコンに前に。
な何とインターネットに接続出来ない状態。

警告文章を読んでルーターの不具合かなと。
先ずは他のパソコンでチェックしたらネットに繋がる。
こうなると壊れたのはパソコンと思い込んでしまった。

ネット関係の設定を調べてあれこれ。
ウィルスソフトも関係あるかとこれもあれこれ。
時間ばかり消費して一歩も前に進まない。
頭の中では新しいパソコンを購入かとも。

LANケーブルも疑った交換もしました。
もう、どうしたらよいかと気持ちはパニック。
スマホなどでWindows設定変更を調べて、
コマンドを打ち込んだりと。

もう、あきらめの気持ちが起きた時にふと思った。
NTTのルーターを試しに再起動してみた。
な何とこれで一発でネットに繋がりました。
これに繋いでWi-Fiルーターは問題無かったので
疑いもしなかったのに。

イヤ~ともかくパソコンが使えないと何も出来ない。
それにネットに繋がってないと用はなさない。
大変だったけど復活して良かったです。

夏だけど

ヤオロマップ岳A.jpg

ヤオロマップ岳

YOROG3は何時も山岳遭難には関心をもっている。
今日の情報チェックでヤオロマップ岳の遭難がわかった。
夏だけど低体温症で亡くなられたのでしょう。
救助の連絡を発していたが間に合わなかったと思われる。
天候が悪く身体を濡らしてしまったのかな。

北海道では夏の悪天候時にこうした遭難がありますね。
関東の山の様な認識で行動すると危険だと素人でも思う。
YOROG3は一度は熊出没と雨の予報で中止した事があります。
今年もコロナ騒動がなければどこか北海道の山を歩いていた。
ヤオロマップ岳は達人のサイトで調べたら難度の高い山。
YOROG3はとても手も足も出ないと思います。

夏の北海道での登山は関東などから来た方が、
単独でガンガンチャレンジしているのを見かけます。
イヤ~凄いなと後ろ姿を眺めているだけです。
そんな中に装備の少ない方を拝見致します。
大丈夫なのでしょうかね。
羊蹄山でも飲み水の無くなった親子連れがおりました。
飲料と食料・衣類は無いと困りますから。

おそるおそる腕立て

さくらます_HKH0717.jpg

サクラマス

昨日の歯医者での治療時に右腕が痛かった。
YOROG3の場合は寝る姿勢での腕の位置で痛みがでる。
もう、ギブアップ寸前までの状態だった。
自分では我慢できると思っても脳が許さないのかと思っていた。

知人の腕の筋肉状態を見て運動はしなければと。
腹筋や足の筋トレは問題無しでやりました。
腕立て伏せはおそるおそる10回やって様子見。
安全のために3セットやって止めました。
終わって直ぐは何もなかったので一安心。

問題の今朝ですが、腕が特別痛いなどはなくホッとした。
素人判断ですが骨や関節には問題がないのでは。
様子を見ながら無理しない程度で運動はやってゆこう。
筋肉が落ちてそれを戻すのを考えると休んではいられない。
ここしばらくは登山も雨天でおこなえない。
毎日登山天気予報をチェックしてため息。
来週の前半に晴れ間を見つけて低山を歩こうと思っている。

筋肉・筋力維持めざせ

黒_0012.jpg

画像は黒ピーです。
この猫は野良猫だったのが餌やりで家猫になりました。
そのせいか、とても警戒心が強くてYOROG3も餌やりだけ。

腕の故障は完全に回復はしておりません。
膝で掛かっていた整形外科に電話しましたが、
ここは凄い患者数で朝に行って待たないとならないと。
最悪の場合は1日仕事になってしまう。
じゃ~止めたと思った日から傷みが少なくなりました。
それでも冷気に当たったり寝る時に傷みがでます。

昨日はYOROG3より少し年齢の上の方と久しぶりにお会いした。
この時に驚いたのが上腕二頭筋などが無くなっていた事です。
立ち姿も頭が前に倒れた老人姿勢の典型。
早速、家でこれらの原因をあれこれ調べて見た。
加齢で筋肉量が減る事も書かれてありましたが。

YOROG3の登山バイブルにありました。
あの三浦雄一郎さんのdataです。
腹筋力が70歳の時で40歳代の筋力があった。
76歳くらいの時に骨盤骨折で腹筋が出来ない事態に。
それでも80歳になられて70歳のレベルまで復活。
背筋力は75歳で60歳代に。
驚くのは80歳で20~40歳代までレベルがアップ。

やはり、運動の継続で身体は維持できるのですね。
YOROG3も多少は見習って動ける身体維持を頑張ろう。

コガラ

コガラ_H8R0474.jpg

コガラ
可愛いですね。

齢をかさねると可愛いものに弱くなりませんか。
YOROG3可愛さがないから無い物ねだりかな。
このところ髪も無くなってきた。
増えるのはシワばかりか。

老いる身体

アカゲラZ_H8R0103.jpg

数年前に膝関節症と診断された。
ある夜に突然に左足が痛くなって歩くのが困難になった。
1ヶ月くらい様子を見れば治るだろうと。
これが間違えのもとだったかも。
病院での診断で膝関節症でリハビリ治療等々。
それから身体に対する関心が非常に強くなった。
この頃では凄く快適に生活していた。

それがまた々突然に右腕が大変な事になった。
昼間は一寸気になる痛み程度なのですが。
夜に寝るために横になると右腕が痛いのです。
一つのポーズだけ痛みが出ないのですが。
この格好だけでは寝ている事は出来ません。
ですから睡眠の質がこの頃は非常に悪い。

昼間の活動では多少の痛みを感じる時があるが、
重い物を持つ事も色々な作業もこなせます。
今日に気付いたのはパソコン作業時に右から
冷房の冷気が当たると痛みの様な不具合を感じる。
こうした事が加齢と関係あるのでしょうか。
このままでは困るので週明け前半に病院に予約をする。

山では殆ど腕の痛みは感じないで過ごせたのに。
しかし、睡眠時の痛みは困りますね。
YOROG3は睡眠に目が覚めてじっとしていると、
身体を休める事にはつながると聞いている。
これを実践しているのでしばらくすると寝ている。
しかし、睡眠の質は間違いなく劣化しているだろう。
ソファーでの昼寝では痛みは感じていない。

水根沢から鷹ノ巣山

鷹ノ巣山水根沢倉戸山.jpg

天気予報から8月28日鷹ノ巣山登山とした。
深夜1時起床で3時前に家をスタート。
水根駐車場を5時30分を出発した。
ここの車道歩きは直ぐに急な坂で朝は堪える。
DSCN001.jpg
登山道崩落で迂回ルート。
DSCN002jpg.jpg
凄い崩落ですね。
この水根沢コースは慎重に歩かないと。
DSCN003.jpg
景色が綺麗だけど足元には注意ですね。
004.jpg
この辺りからの登りがコースできつい場所。
特に気温の高い季節はしんどいですね。
無理のないペースと時々休んで体温を下げる。
DSCN005.jpg
キツイ箇所を何とか踏ん張りました。
ここで十分に水分補給で休憩。
尾根まで30分くらいの登りが続きます。
DSCN006.jpg
やっと石尾根に到着。
最後の50分くらいの急登が続き山頂です。
DSCN007.jpg
山頂直下は息があがっても足は止めません。
先週に続いて鷹ノ巣山に到着。
休憩時間を入れてもほぼ標準タイムで歩けた。
以前よりも良いタイムでバテないで登頂。
YOROG3少しは進歩しているかな。
天気が崩れるかもしれないので短時間の昼食。
DSCN008.jpg
DSCN009.jpg
幻想的な風景になった山。
でも、天候は崩れる方向で間違えない。
この日の登山者はとても少なかった。
水根沢からはYOROG3独りかも。
下山時のコースでは若者とすれ違っただけ。
DSCN010.jpg
下山は倉戸山まで休憩無し。
時々汗をぬぐう立ち止まりは数回しております。
やはり、雨が落ちてきました。
登山口辺りで雨具を着けました。
登山家山野井さんの家の横を抜けてバス停に。
な何と次のバスは1時間以上の待ち時間。
そこで車まで歩く事にしました。

奥多摩湖を横目に車道脇をテクテク。
歩道は無いような状態ですこし怖い歩き。
観光施設に着くと人出は多くなっていた。
アイスを購入して食べながら歩く。
無事に駐車場の愛車にたどり着いた。

気温が高く湿度もたっぷりの時期。
以前よりも短い時間で歩き通して、
少しは体力がアップしたのかなと。
そう々今日は蛇に何度かあいました。
マムシは居なかったが、
じっとしていて動かないヘビの脇を歩いたり。
カエルも結構目にしました。
山歩きは雑念もなく自然だけを楽しめる。
早速次にプランを家で考えてお休みでした。

ちび茶 追悼登山かな

A鷹ノ巣山0822.jpg

何としても涼しい内に登り始めたい。
その為に深夜1時に起床。
洗面などを終えて朝食。
この時間にもチャンと朝食を頂けるYOROG3。
その他猫の世話などを用意して3時前にスタート。

登山口は奥集落の上の方。
思ったよりも時間が掛かったなと。
普段ならそんなに時間を意識してないので。
準備を終えて6時に登山スタート。

暑い時の歩き方は登高スピードを上げ過ぎない。
体熱の発生を緩やかにする事とバイブルにある。
YOROG3は1時間過ぎくらいに第一回休憩。
身体の熱が十分冷めるくらいの時間。


鷹ノ巣山山頂2124.jpg

山頂直下の登りもそれほど無理なく登り、
2時間7分で無事に山頂に到着。
この日も12㎏くらいの荷を背負っていたので、
YOROG3にしては十分のタイムかなと。

避難小屋2132.jpg

もう少し歩いて他の山にもと考えましたが。
遅くなると雷雨の可能性と道路の混雑を考えて、
鷹ノ巣山避難小屋のベンチで昼食で下山とした。

ベンチでノンビリの昼食。
以前はいたメマトイもいなくてノンビリ。
豚汁 おにぎり ゆで卵 コーヒー
今回も保冷剤で冷やしたスポーツドリンク&水
これも美味しかったな。
この日の水は3リットル背負いました。
保冷バックに保冷剤も入れてあるので一寸重いですね。

登っている最中もちび茶の最後の顔が浮かんで来ました。
ちび茶にはずいぶんと癒やされたな~と。
また、亡くなる前に衰弱して行く様は勉強になりました。
戸惑う事は沢山ありましたが思いを尽くして悔いは無し。
出来れば人も猫も家人の傍で最後を迎えたいものではと。







ちび茶 旅立ち

A1_0009_1.jpg

愛猫 ちび茶

2020年8月21日 旅立ち

B2_0022.jpg
病院で治療中のちび茶
ちび茶は怪我など何度も致しました。
物置に閉じ込められるアクシデントも。
何時の頃か声が出なくなってとても気を使いました。
その分とても可愛い猫。

C3_0041.jpg

昨日は動きも殆ど出来なくなって、
完全にトイレに行けずにオシメの世話になりました。
YOROG3はもしやの予感がして登山を中止で家に。
早朝に亡くなった事を家人から告げられた。

D4_0051.jpg

直ぐにYOROG3はお墓の準備を致しました。
場所は桜の木の下です。
ここにはちび茶の母親ニャンも眠っている場所です。
以前の我が家が建っていた場所で土には基礎の欠片などがある。
60㎝以上掘るので汗まみれで奮闘しました。

横たわるちび茶はやすらかな顔で生きているようでした。
それは瞼が閉じていないから余計です。
そっと閉じてあげて抱え上げると温かい感じが伝わる。
フルイで粒の細かな土を引いた上にちび茶を横たえる。
猫ですから少し丸まった感じでおさめました。
庭の花を2本置きフルイで石のない土を少しずつ掛ける。
最後までピンと見えた耳が印象的でした。

YOROG3の脳裏にはちび茶のやすらかな顔が記憶に残り有り難かったです。
きっとちび茶にも家人全員の愛情が最後まで伝わったのかなと。
あの起き上がって来そうなちび茶が今でも目にチラつきます。





男鹿の滝

男鹿の滝_ABC1971.jpg

男鹿の滝

報道で2名の方が滝で亡くなったと伝えている。
これを見て登山バイブルで読んだ文章が浮かんだ。
冷水中に急に飛び込んだり、落下した場合は
水を飲んだりして1分程度で溺れる可能性があると。
また、冷水に浸かると筋が冷えて数分で動けなくなると。
ともかく、冷たい水だなと思える箇所では安易な行動は
予期せぬ結果に繋がると。

登山の本を読んでいるとこうした知識を知ることが出来る。
高齢者のYOROG3では完全に暗記は出来ませんが、
頭の片隅に駄目だな程度には記憶をとどめる事が出来ます。
猫を見ていても安易には飛び降りたりしません。
チャンと安全を確認して行動をする事がわかります。
山では我が身を守るのは自分だけと認識する事でしょうか。

チビ茶の衰弱は進んで来ております。
昨晩も家人が病院に連れて行きました。
YOROG3も夜中に起きて様子見をしたりと。
キャットフードは食べていないで水ばかり飲んで居る様子です。
トイレでは用をたせないで床に粗相をかさねております。
YOROG3は生き様を学ばせてもらっていると感じる。


シマリス

シマリス_H7H0749.jpg

シマリス

何をしているところかな?
毛繕いだろうか。

チビ茶の具合は悪くなっております。
殆ど何も食べてない。
それなのに飲んだ水を戻す。
時々、粗相してしまう。
それでも苦しい様子は見せていない。
右後ろ足の動きがおかしい。

今日はYOROG3午前中に用事を済ませた。
チビ茶の姿を時々のぞきにゆく。
意外と顔はしっかりしているから不思議。
人間だったらこうはゆかないだろう。
姉妹の猫が居るのですが、
姉がチビ茶を嫌いで直ぐにうなり声。
チビ茶はゼンゼン気にしてないのですが。
猫関係も難しいものがありますね。

廃屋

廃屋_D3S0335.jpg

北海道を走っていると廃屋を良く見ます。
畑や牧草地の地域ではもっと大きな家や農業設備が
残されたまま廃墟になっている。
YOROG3はそこに人が暮らして居るような感覚になる。
夏の時期だとその様な廃屋に人の姿を見る事があります。
お盆などで親族の方が来ているのでしょうね。

チビ茶の様子はどうも芳しくないです。
食事を殆どとらないのですから衰弱は進みます。
人間なら点滴など々の手立てがありますが。
たまに目と目があうとうろたえるのはYOROG3です。
チビ茶は淡々と居場所を時々変えて静かに横たわったまま。

暑い夏だけど

ちび茶_0014.jpg

日中のウォーキング時に付近の家を見ると、
殆ど窓が閉まっている。
皆さんエアコンで暑さをしのいで居る事でしょうね。
YOROG3は基本的には自然の風でしのぐ生活。
パソコンと筋トレの時はエアコンのお世話になります。

エアコンの室外機の傍に立てば地球が暑くなる道理だと。
駐車中の車はエンジンをかけてエアコンだし。
大きなビルは窓など開けない事でしょうね。
エアコン無しでは生きてゆけない生活になっている。
この先待っているのはどう言う環境なのでしょうか。

一昨日はチビ茶はもう駄目かなとYOROG3は感じた。
そこでカメラで少し記録を撮りました。
カメラを向けたらキリリとした顔になりました。
何か警戒心がおきたのでしょうか。
右前足には点滴のあとが確認出来ます。
前日まではここを舐めるので顔の周りに透明なセルロイドかな?
これを付けられおりました。
怪我の時はとてもこれを嫌いっておりましたが。
今回は抵抗する力も残っておりませんでしたね。
チビ茶の様子を毎日々伺う暑い夏は続きます。

セミ_0031.jpg

庭の桜の木を見るとセミが2匹いた。
カップルなのかな?

セミ_0034.jpg

以前も撮影したセミが相手を見つけてきたのか?
ともかく、庭に子孫を残してくれると嬉しいです。
この桜の木脇にはチビ茶の母親ニャンが眠っている。
庭に木を植える時に桜を選んで良かったです。

暑い夏

ヒマワリ_KD20476.jpg

北海道 ヒマワリ

早朝にチビ茶が少しだけウェットフードを食べた。
他にも一寸食べている様子。
階段を上がる姿は頼りない足取りです。
それでも表情は明るくなったとYOROG3は感じる。
目が違うのですね。
しっかりと対象を見ている感じを受ける。
病院に行く前の目は焦点が定まらない様子だった。
もう一つあります。
今の網戸前に来て外に出たい素振りをしている。
これも少し元気になった証拠でしょうね。

野鳥

野鳥_H7H0014.jpg

野鳥の名前がわかりません。

このところチビ茶の具合が良くなくて落ち着きません。
数日、動物病院に入院して家に戻りました。
点滴などをおこなって入院時よりは元気な様子でした。
結局は食べられないので家に戻れば同じ症状。

犬の時も退院と言う事で引取に行って、
治ったと思っていたら翌日には亡くなってしまった。
チビ茶は戻った翌日は少しは食べてくれました。
でも、日をかさねる毎に食欲は無くなってゆく。
痛みのない様子なのがせめてもの救いで、
動物は自然の流れに委ねている様に感じております。

阿寒湖 雄阿寒岳に向かう朝

雄阿寒岳へ_0043.jpg

この時は阿寒湖湖畔までホテルからタクシー。
とても気さくな優しい運転手さんでお迎えも頼みました。
お天気にも恵まれ阿寒湖湖畔の森も綺麗でした。

後期高齢者にダンダンと近付くYOROG3。
気が付けば髪の毛も残り少なくなってきた。
どうあがいても爺さんだなと自分でも納得のこの頃。

身体もどんどん爺さんかなと一抹の不安。
でも、体脂肪も減ってきたので嬉しい。
あと少しで20%を切るまでに。
切れば標準と言う範囲に。
以前は15%近かったのだけど。

骨格筋率が重要だと自分で思っている。
これも33.9%まであがった。
何とか35.8%までにしたいなと。
目標を目指して日々の努力だ。

昨日も暑い時間を選んでウォーキング。
1時間以上を早足で歩いて水なしでゴール。
脱いだTシャツは重いほどの汗。
冷蔵庫で冷やしておいた水の美味しいこと。
もちろん、その後は買って置いたかき氷アイス。
まさに夏最高の気分だ。