オジロワシ

オジロワシ_AKN0522.jpg

オジロワシ

オジロワシで名前あっているかな?
足環(足輪)が付いておりますね。
調査された個体なのでしょうか。

そう言えば昨年の暮れは、
本別町の床屋さんで散髪して
阿寒に向かったのです。

北海道の床屋さんで散髪と思って、
夏に初めてこの床屋さんに寄った。
そして新年を迎えるにあたって、
冬もここで散髪としたのです。

YOROG3の一寸した思い出です。
動物や鳥の姿が少ない冬だった。
雪も積もってなかったし。


鳥に会えない時

森_H0764_01.jpg

鳥に会えない時

北大の苫小牧演習林でこの日は雨模様でした。
野鳥に出会えないであちこち歩きました。
濡れた木々が綺麗だったのでこれをパチリ。
でもYOROG3センスが悪いので駄目ですね。

昨晩は時間が無かったが筋トレを開始。
何時もは腕立て伏せを10回1セットで5セット。
これを20回で3セットでおこなった。

腹筋は通常では座布団の縁にお尻を置いて、
膝を曲げて座った状態から後ろに下がるスタイル。
この方が腰を痛めないと聞いていたから。
この日は上向きに寝た状態から起きるスタイル。
これが難なく出来る様になっていた。
やはり、継続すると効果があるのですね。

野鳥 名前が不明

F_H7H0574.jpg

野鳥

図鑑で見ても名前がわかりません。

お天気が悪くて山に行けません。
合間々にポツポツと仕事がある。
それに草取りと運動もあります。
暇な様で意外と時間が無い。

お陰様でTVがつまらないので本が読めます。
ラジオも何かと言うと「自粛生活」をはさむ。
これもお陰様で好きな音楽を聞いておりますね。
YOROG3の子供の頃は夜は静かに過ごしたな~
やはり爺さんですね。


オオアカゲラ 幼鳥かな

オオアカゲラ_H0272.jpg

オオアカゲラ

これはオオアカゲラ幼鳥でしょうか?
アゴの黒い部分が繋がっていない。

参考書によると、乳酸閾値のトレーニングでは
きつさを感じる手前を1時間はするとある。
途中では走るくらいまでペースを上げます。

気温の高い時はシンドイです。
坂道になると当然に心拍数はアップします。
長い登りの時は全力の本気で歩きます。

このところの成果は体重が落ちてきました。
それと身体年齢が嬉しいことに54才になった。
何としても体重はあと2~3キロは落としたい。
今年中に何とかしたいですね。

コガラ

コガラ_R0488.jpg

コガラ

嘴に食べ物でしょうか?
野鳥は殆どが1年数ヶ月で寿命が尽きるとか。
それも次の春を迎えられずに亡くなるからだと。

野生の生き物を見ると懸命に生きているなと思う。
草取りをしているとミミズなどが出てくる。
今では土を掛けてあげている。

ウォーキングで近くを歩いているが。
本当に自然的な環境が無くなっておりますね。
かろうじて残っているのが少ない農家などの土地。
それも風前の灯火状態ですね。
せめてもの公園が自然を感じないのが残念です。

家の近所には梅の木などと草原があり、
柿の木の植わった場所もありかろうじて野鳥がいる。
野良猫も何とか生きてゆけるスペースが存在。
そう言えば外飼いの犬は見かけないですね。

コゲラ

コゲラ_R0614.jpg

コゲラ

Ann Burtonのアルバムが2枚届いた。
早速、スマホに音楽フワィルをコピーした。
爺さんも静かな気持ちで聴く事が出来ます。
就寝時に聴きながら寝ますが。
直ぐに夢うつつの世界に突入で聴いてはおりません。

庭のバラにもウィルス問題が発生している。
このところは毎日葉っぱの点検。
ウィルスの葉があると直ぐにカット。
ついでに害虫も退治しております。
他のウィルスなんぞ眼中にないですぞ!

野鳥 名前不明

不明_H0166.jpg

野鳥 名前がわかりません。
ホオジロの仲間でしょうか?

北海道の知人がクマゲラの子育て画像を送ってきた。
親クマゲラが3羽の子供に餌をあげている。
羨ましい撮影シーンだ!
これからは風景を撮りに行くそうだ。
また、素敵な画像を見せて下さいね。

労働は草取り

家_0002.jpg

身体を動かすのは運動の他に草取りをしております。
毎日1時間ほどをこれにあてております。
今までは電動の草刈り機でババッとカットして終了。

草取りは鎌で根から掘り起こして取っております。
やっかいなのがハマスゲですね。
根で繋がっていて球根が間にある。
草だけ抜いても球根が残ります

家人は草取りをしないでゴウヤなどを栽培。
自然農法と言うのでしょうか。
手前の地面が出ている場所が草取りの所。
奥の緑色が自然農法の畑地と言うのかな。

YOROG3は片隅に置いてあった犬小屋など々のゴミを
徹底的に片付けて綺麗にする予定。
犬小屋や金属ゴミ・自転車をゴミ焼却場に運ぶ計画。
これも断捨離の一部と言えるでしょうか。

コガラ

コガラ_H265.jpg

コガラ

鳥の名前があっているかな?
一寸不安です。
嘴に虫かな?捕らえておりますね。

心臓の事が書かれている本を開く。
心臓の筋肉は横紋筋で持続生があるが、
過度の使うと弱ってゆくと。

トレーニングを続けていると足などの
筋肉が鍛えられる。
同じ運動量でも乳酸が溜まらなくなり、
比較的簡単に心臓から血液が送り出される
様になるので、心臓が強くなったと感じると。

130を超えない域で運動はすべきだと。
YOROG3はウォーキングの最中にハイペースで
歩いてこれを超える事をしてる。
これは心臓の寿命を縮めているかな?

丹頂

丹頂_M05001.jpg

丹頂

YOROG3もダンダンと後期高齢者の枠に迫っている。
これは皮肉で付けてくれたのでしょうね。
後がないと言う意味で・・・・

人生の終盤にはあまり騒々しい曲よりも、
哀愁が感じられる音楽を聴いている。
このところ寝る時に聴いているのが。
Ann Burtonのアルバムです。

解説の本にも人が癒やされるのは、
「歌の距離感」ではないかと。
Ann Burtonの歌唱スタンスは絶妙だと。
聴き手次第で入って行けるし、
そっと眺めるように聴きいれると。

YOROG3は聴いていると、
気持ちがそっと静まって来る気がする。
齢を重ねると一寸怒りっぽくなるきらいが。
まさにこれは妙薬の音楽と言えるかも。

キクイタダキ

キクイタダキ_TRA.jpg

キクイタダキ

日本で最小の鳥。
画像はとても悪い状態でした。
露出アンダーでチョット見はキクイタダキが
写っているかわからない状態。
何とか可愛さは伝わるかなと。

土曜日の朝日新聞 死生観への郷愁
これを読んで何時も持っていたモヤモヤが解消された。
YOROG3は好きで山歩きをしている。
時には一歩間違えると怪我や命を落とす場所も歩く。
それでも山に向かうわけだ。
まさに自分の死生観に基づいて生きている訳だ。
愚かなYOROG3に気付かせてくれた「死生観への郷愁」

エゾリス

エゾリス_H8R.jpg

エゾリス

エゾリスを撮っている時は幸せだ。
この時もクルミを食べていて、
幸いに何枚も撮る事が出来ました。
冬は餌を食べたらあとはお休み。
午後は殆ど期待出来ないと思います。

天目山(三ッドッケ)

天目山A.jpg

天目山(三ッドッケ)

本当は鷹ノ巣山へ登る予定だった。
奥多摩駅の看板に鷹ノ巣山登山道不通とあった。
木の橋が台風で落ちてしまったと言う事。

仕方ないので天目山(三ッドッケ)往復となりました。
天気予報は曇りで多少の雨はあるかも?

DS0643.jpg

バス停の上でここから登り始めます。
直ぐに斜度は強くなり目が覚めますね。(笑)

朝1997.jpg

7時半頃の風景です。
思ったよりも綺麗な山が見られました。

DS0814.jpg

最初の休憩地点です。
同じバスの乗客で先にスタートの登山者が休んで居りました。
1時間半ほど歩きました。

DS0825.jpg

緊張する狭い登山道で右は切れております。
冬場の凍った時は凄く緊張のYOROG3。
これを過ぎて綺麗な景色の登山道でホッと。

DS0826.jpg

気温が低いので足も身体も順調。
YOROG3にしては早いペースで進む。

DS0912.jpg

一杯水避難小屋に到着。
バスで一緒の登山者にまた追いつきました。
道を尋ねられたので教えてあげました。

DS0921.jpg

小屋の裏から急登が続きます。
夏は本当に大変です。

DS1033.jpg

天目山山頂です。
ここは木が茂って展望が悪かったそうです。
それを切った方がおられるとか。
ザックはYOROG3ので今日はスタート時は10キロオーバー。
でも、良いペースで登れた。

DS1045.jpg

下山は縦走コース方面に下りました。
なか々渋い感じで良いですね。

DS1049.jpg

登山道は所々に補修のあとが感じられる。
台風の影響でしょうね。

DS1106.jpg

この辺りは登りコースに戻っております。
予定外の目的の山変更でしたので、
無理をせずにピストンで下山としました。

DS1114.jpg

DS1116.jpg

天候も少し曇り気味になり小雨もパラパラ。
でも、雰囲気は最高です。

DS1123.jpg

幻想的な雰囲気に爺さん!
一寸違いますね。

DS1228.jpg

12:28に出発地東日原バス停に到着。
今まで一番早いペースでした。
山頂でのお昼もノンビリとりました。
自分でも驚いたのが急な下りでの足。
毎週の登山で足が出来てきたのでしょうね。

45分ほどバスを待って乗車。
行きと同じ補助員のおじさん。
ずっと話をしながら奥多摩駅に戻りました。
山には何時も癒やされているな~と感謝。



ミソサザイ

ミソサザイ_H954.jpg

ミソサザイ

日本で一番小さな鳥のひとつ。
囀りを聞いても姿を見つけるのは一苦労。
YOROG3はチャンスを何度か逃している。
可愛くて好きな鳥の一つ。

キクイタダキも決定的なチャンスに失敗。
これぞ日本で最小の鳥と言われる。
それを撮り損ねるのはやはり爺さんだ~

山歩きでもこれはと言う鳥に会う。
でも、カメラがしょぼいデジカメ。
眺めるだけであきらめております。

次の予定は鷹ノ巣山

鷹ノ巣山奥多摩駅.jpg

どうやら水曜日がお天気に恵まれそう。
バスが不通で今年はゼンゼン登ってなかった。
そこで体調チェックをかねて鷹ノ巣山に向かいます。

ここの急登の登り具合で足の出来がわかる。
それに気温が上がれば体力度も知る事が出来ます。
水も2.5ℓでこのところは済ませていた。
あと500㏄増やすかな。

そろそろ半年も終える。
暑い季節にもガンガン登らないと数は稼げない。
YOROG3は先が短いのだ。



オコジョ

オコジョ.jpg

オコジョ

買物の帰りに銀行前に通りかかったら救急車が止まっていた。
見ると銀行入り口でお年寄りの女性が横たわっておりました。
様子では入口で転倒した模様です。
以前なら他人事で過ぎ去っていたと思います。

今では何時何時に自分がなるのやらの思い。
この国では年間1万人近くの方が亡くなるとの数字も。
交通事故死より多いのでしょうね。
山でも転倒・滑落などの事故が起きている。
先日の山でも首を折って亡くなったと。

高齢者は特に注意しないとならないですね。
YOROG3も肝に銘じる。
この梅雨時は特に注意ですね。

ナキウサギ クマゲラ

ナキウサギ_64.jpg

ナキウサギ

北海道の知人と電話でお話。
な何とクマゲラの子育て中を撮っていると言う。
知人はクマゲラが飛び立つ瞬間を狙っていると。
羨ましいなと思いました。

クマゲラ_AKN.jpg

クマゲラ

新緑の頃も良いけど。
冬のクマゲラをまた撮ってみたい。
YOROG3は3回クマゲラを撮るには撮った。
1回は撮る事は出来なかった。
キャンプ地の早朝の出来事でした。

空振りの可能性も大きいけど。
森でしばらく待って出会いたいものだ。
でも、雪深い場合はたどり着くのも大変。
そんな事を考えるのも楽しいですが。
知人の話で夢が膨らんだ。

高齢者だけど

AAW_6188.jpg

山歩きの為には食事も考える。
三食は規則的に食べる。
出来れば、朝と昼に重点をおき、
夕食は軽くする。

昼は栄養素を分解する作用、
夜はそれを脂肪として身につけて
しまうと。
夕食後に直ぐ寝ると脂肪がつきやすい。
その間に軽く筋肉トレーニング。

YOROG3は膝関節症のリハビリから、
スクワットやプッシュアップ・ダンベル
などをするようになりました。
中殿筋もこの時から鍛えておりますね。

クロツグミ

クロツグミ_H7.jpg

クロツグミ

この鳥は珍しいのかな?

天気の悪い日ばかりだ。
来週の月曜日と水曜日が何とか歩けるかと。
本を読んでいたら条件の良い日ばかり歩いては駄目だと。
条件の悪い日で学べと言う事でしょう。

私の記憶では一度だけ雷雨にあった。
レインウェアーを着ける前にビショ濡れ。
落雷が近付いて来て怖かった。
来週は降水確率が40%の日に予定してる。
これも経験かなと。
気温が高いとイヤですね。

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ_258.jpg

ゴジュウカラ

今年の北海道正月は雪が無かった。
本命の鳥が現れてくれない時に、
近くに来た野鳥をパチリ。
慰められている訳です。

寒くてもやはり北海道には雪ですね。
車にお水を載せていると凍ってしまう。
寝袋などに包んで置きます。
お昼にお湯を沸かしてご飯を頂く。
コーヒーを飲んだりします。
もちろん、ストーブは積んでおきますよ。