北の大地

北海道_DSC8431.jpg

北海道

北の大地に行き始めた頃は風景などを求めてあちこち。
静かな広々とした畑の風景なんか好きでしたね。
あの頃の幸せ時間を思い出しますね。

メジロ

メジロAR_0005.jpg

メジロ

ヒヨドリは人の気配や姿で直ぐに飛び立つ。
これとメジロは異なります。
安全な間合いを考えて行動している様に見える。
YOROG3が庭で出ても直ぐに飛び立つと言う事はない。
ですのでカメラとの距離も意外と近くで撮影可能です。

今回はレンズの修理は宅急便経由でメーカーに。
最初は不安が少しありましたが、
考えて見ると凄く便利だと思いましたね。
都心まで車か電車で修理サービスまで向かうと。
交通費に駐車場料金などと時間もかかる。
都合2回これをおこなわないとなりません。
これが約1週間の待ち時間で完了でGoodだ!

メジロ

メジロR_0146.jpg

メジロ

レンズが修理からあがって来ました。
見積はそこ々のデジカメが買える金額でした。
爺さん懐具合をNikonが考慮して下さったのか?
見積額の半額チョイ安い金額でホッとしました。

早速にテスト撮影をしました。
メジロは人と近い所いるのでそれ程恐れません。
シャッター音には少し警戒している様子。
修理はリニアモーターの交換を致しました。
何かピントが良くなった様にYOROG3は感じる。
Nikon様ありがとうございました。感謝!

シジュウカラ

シジュウカラ_GKA0676.jpg

シジュウカラ

以前は牛脂を購入してあげていた。
気温が高いと北海道と違って溶けてしまう。
色々な鳥が食べてはおりました。

コンビニのゴミ箱に家庭ゴミを捨てている方。
スーパーで賞味期限の長い品物と棚の奥から取る方。
どちらも年配者なんですね。
「他人の目が気にならない」
名言と言うところにありました。
「自分の心も気にならない」となってしまうのでしょうか。
YOROG3は「人の振り見て我が振り直せ」を・・・



キタキツネ

キタキツネ__H7H0358.jpg

キタキツネ

汚れのない優しいペットの様な目と感じた。
餌を探している時とは大違いですね。
一寸疲れていたのかも知れません。
ナキウサギを撮っていた時にやって来て、
YOROG3を認識していながらしばらく休んでいた。
やがて、森の中に歩いて行きました。

コロナよりも花粉症に苦しむ春です。
この花粉症は凄くストレスを伴いますね。
不思議な事に山では殆ど症状は出ません。
何時の頃からか?
春はシンドイ季節になってしまった。

人生

人生_H7H0760.jpg

この画像を見ていて人生を思いました。
上が今の人生で下が過ぎ去った人生。
人それぞれ見るものが同じでも感じ方は人それぞれ!
面白いものですね。

以前の筋トレは下半身が主体だった。
途中から上半身も大切だとダンベルなどを使っている。
8㎏のダンベルは最初はキツく、
腕の曲げ伸ばしもようやっと10回が限界だった。
それが今は20回をこなしている。
やはり、継続はチャンと結果につながりますね。



若いナキウサギ

ナキウサギ_HKH0758.jpg

ナキウサギ

この個体はまだ若いと思います。
確かナキウサギがある程度育つと自分の
テリトリーを求めて移動すると聞いている。
これが命がけの旅だとも。
この子は無事にここをテリトリーとしたのかな?

ナキウサギが岩穴の中で暮らしている。
この岩穴の中はあちこちにつながっている。
なのでモグラたたきの様にどこから出るかは解らない。
私は最初は少し引き気味にポジションをとって全体を見張る。
たまにナキウサギの鳴き声で位置を気付かされる事も・・・
8月の中旬頃には冬準備をするナキウサギを見られます。
食べ物を住みかに運ぶ姿が良いですね。

シマリス

シマリス_H7H0061.jpg

シマリス

この撮影場所は山の上です。
宿で急きょ思い立って準備を始めました。
望遠レンズをクッションで包んでザックに詰め込む。
カメラを持ってあとは通常の登山に近い装備と食料・水。
三脚は置いていった事が幸いしたのか、
思ったよりも順調に山頂に立つ事が出来ました。
ナキウサギが姿を見せる前にこのシマリスが姿を見せてくれた。
チョコマカと岩場を移動してYOROG3を楽しませてくれた。




メジロ

メジロN5A_0174.jpg

メジロ

可愛いメジロですが仲間との餌の奪い合いはありますね。
生きるのはなか々大変なのですね。
だから、つかの間の息抜きを求めるのでしょうか?
あなたの息抜きと聞かれたら「山歩き」と。
YOROG3は答える。

ナキウサギ

ナキウサギ_H7T0504.jpg

ナキウサギ

ナキウサギの撮影時は気持ちが凄く和む。
これを何日も繰り返す訳ですから、
身体全部が和んでいたのでしょう。
撮影を終えて天望の良い駐車場で
コーヒーを入れて飲むのが最高でした。
観光の方々は行動が素早いですよね。
車を降りて一寸辺りを一回りでスタート。
YOROG3はラーメンも食べたりしておりました。

一昨日のショックはレンズが壊れた。
修理の見積で13万ほど・・・・
安くあがると助かるのだけど。
スミマセン先の短いYOROG3ですから、
なるべく痛くない金額でお願い致します。

YOROG3目標

富士登山A.jpg

YOROG3今の目標なんです。
先ずは6合目くらいまで一度歩いてみようと。

富士断面A.jpg

確かにずっと登りが続きますね。
この辺りまでどのくらいのペースで歩けるか。
体力的にどうだろうか。

先ずはここまで行って、
スタートまで戻ると言う歩き。
荷物はどのくらい背負って歩けるか?
こうした計画を考えているのも楽しい。

メジロ

メジロN5A_89.jpg

メジロ

庭での撮影も真剣にやると奥が深い。
やりだすと時間をどんどん使ってしまう。
他のやるべき事がなおざりになる。
今日はカメラは使いません。
他の事をやらねば。

昨夜は寝ていたが地震で起きてしまった。
何を心配したかと言うとパソコンのモニターです。
これを押さえてまた就寝。
早朝に起きて早速TVで情報を確認。
自動車道でのり面が崩れた場所を報じていた。
次に建物が壊れたと古い門が倒れていた情報。
あ~たいした事がなかったと思いましたね。

メジロ

メジロN5A_0147.jpg

メジロ

ミカンを釣ってある針金は消してあります。
今日は適当な位置にカメラを置いて、
ワイヤレスでシャッターを切ってみました。
カメラ位置が近いとシャッター音で飛び立ちますね。
出来ればカメラを衣類などで覆った方が良いかなと。
野生は本当に神経を使って生きている。
YOROG3も山に行くと結構神経を使っております。
生きて行くのは大変なのですよね。

ヒヨドリ

ヒヨドリN5A_82.jpg

ヒヨドリ

ヒヨドリもYOROG3の姿を見るとパッと飛び立つ。
傍でジックリと観察した事はない。
画像で見ると考えていたよりも緻密な柄なんだなと。
人は感心のないものはチャンと見てないですね。
あらためて教えられた様な気がします。
ヒヨドリさんありがとうございます。

丸いメジロ

メジロG98_876.jpg

凄くまん丸に撮れたメジロちゃん。
一寸加工してみました。
今日はヒヨドリもメジロもミカンを沢山食べた。
午前中に八百屋さんに買い出しに出掛けました。
ここはスーパーさんよりはお安いのです。
その分、YOROG3と同じで少し難ありの場合も。

川乗谷

川乗谷DSCN245.jpg

川乗谷

登山に行って来るとしばらくモチベーションが高い気がする。
早速、次の目的の山を考えるのが何時もの事だ。
おおよそ次の山が決まったのだが。
昨年から考えていた富士登山の事も気がかり。
出来れば麓から歩いて山頂を目指したい。
この事が次の登山は富士登山トレーニングだと頭に浮かんだ。

以前もやってみようかなと思っていた奥多摩駅から鷹ノ巣山だ。
富士登山は長い距離と標高差を歩かないとならない。
それにはこのコースは最適だろうとYOROG3は思った。
もう少し夜明けが早くなった季節にチャレンジだ。
それまでに足を作る為のトレーニング登山を繰り返す。
出来れば連続登山が途切れた後方羊蹄山もやるぞ!
何せYOROG3にはあとは少ないからだ。

メジロ

メジロG98_03.jpg

メジロ

可愛い姿のメジロちゃん。
ミカンは6ヶ所に吊り下げて置いております。
大食漢のヒヨドリに食べ尽くされない様に思案している。
なるべく細い針金で吊り下げてヒヨドリがつかまり辛く設置。
ヒヨドリはホバリングで食べる事も出来るので完全は無理でしょうね。

ガラス越しに眺めていると可愛いメジロちゃんも生存競争。
ミカンを食べているメジロも周囲に警戒心。
強いメジロは相手をどかしてミカンを横取りとなります。
ミカンの他に蜂蜜も置いております。
これはヒヨドリが大好きみたいで朝はこちらに集中気味。
メジロちゃんはこの隙にミカンを食べている。

メジロ

メジロG98_41.jpg

メジロ

庭で何気に見ているメジロは可愛い印象。
でも、こうして画像で見ると結構厳しい顔に見える。
窓ガラス越しに庭のメジロなどを見てると、
野生の動物は本当に警戒心が強いなと思う。
何しろ一寸の油断が命を絶ってしまう訳だから。
普段は何気に暮らしているYOROG3も、
山歩きの時はメジロには及ばないが、
自分の命を考えて行動している。

TVでは毎日々コ・ロ・ナを報道している。
YOROG3は直ぐにチャンネルを変えて見ない。
机の隅に役所からのインフルエンザ予防接種のハガキ。
これもYOROG3は接種した事がない。
何かの拍子に「人間一度は死ぬ」と口から出た。
しかし、山歩きでは怪我を避けて無理はしない。
とは言え平地で行動するより危険は常々。
覚悟のバランスの上で生きているのでしょうかね。

メジロ

メジロG98_66.jpg

メジロ

ミカンを食べに多くのメジロが来てくれます。
でも、ヒヨドリがガンガン食べてしまいます。
差別はいけないとじっと我慢のYOROG3!