高齢者登山 標高差

六ツ石山A.jpg
やはり、高齢者登山では下山後に免疫力が低下するのかと。
奥多摩登山では花粉症か鼻水・目のかゆみが連続起きている。
家を出る時は問題なのだが、山に近付くと鼻水が出だす。
それが半端でないのです。
この症状が翌日・翌々日と続きます。
身体の倦怠感も感じますね。
不思議な事に高尾山や陣馬山登山では無かった。
イヤ々陣馬山のバスので中で鼻水が出だした。

昨日はこの不快感解消で薬局に行って薬を買った。
何やら普通の薬と違って注意する事柄が多いので、
使用するのに一寸ためらいがありました。
2回ほど使ってみたが今朝は体調も鼻水も軽くなった。
体調は殆ど普段と同じ程度になっている。
しかし、夜中に鼻が詰まるのか口呼吸で睡眠の質が悪い。

とは言えそろそろ週末のプランを考えないとならない。
YOROG3の場合は夏の羊蹄山登山への体力作りだ。
昨年はかなり疲れた登山だったので何としても体力強化。
何時も夏に備える山は鷹ノ巣山ですが、ここのバスが不通の今。
それなりの登山斜度と歩行距離を考え目的の山を考える。
問題はそれらの山へは交通のネックがあります。
始発の電車以外ではマイカーでの登山となります。
YOROG3は帰路の居眠り運転を考えると避けたいのが本音。

そこでギリギリの選択で六ツ石山を次回の登山とした。
ガイドブックデータでは。水根→六ツ石山→奥多摩駅
歩行時間 7時間15分
歩行距離 16㎞
累積標高差 登り 1370m
      下り 1558m

*鷹ノ巣山との累積標高差は40mほど少ない。
 ま~許される範囲かなと。
*歩行時間が長いのが一寸気になりますね。
 鷹ノ巣山登山ではコースタイムを短縮出来たので、
 大丈夫だろうの危うい爺さん判断。(ヘッドライトは持ってます)

山と渓谷の 日本の名急登100 データでは
羊蹄山 京極コース 標高差 1480m 平均斜度 17.9
本仁田山      標高差  690m 平均斜度 24.2
鷹ノ巣山      標高差 1180m 平均斜度 17.0