白い薔薇

白バラA_0004.jpg

白い薔薇

明るい日差しをあびて輝いている。
昨日は追肥をあげました。
気持ちの良い午前中。
マスコミがあれこれと伝えるが。
YOROG3は何時もの通りに生活。
今朝は一寸早めの4時30分起床。
就寝も早いですよ。
昨夜は21時30分就寝。

北海道 江部乙駅

江部乙駅_B0138.jpg

北海道 江部乙駅

江部乙駅_B0097.jpg

江部乙駅 除雪作業

駅前の温泉宿に泊まりました。
ケロリンの黄色いカランが記憶にあります。
歴史を感じる宿のお部屋。
北海道の家庭的なご飯。
ごく普通の旅の夜。

翌朝はまだ薄暗いなか散歩。
北国の鉄道を感じました。
除雪の方々は早朝からお仕事。
通り過ぎる列車の後ろは雪が
沢山付いておりました。

コックリ湖

1コックリ湖_D20081.jpg

コックリ湖散策路入口
蘭越町
静かな湖で10年前に行きました。
また、寄ってみたいな。

2コックリ湖_20095.jpg

散策路
熊や蜂など出ても不思議で無いコース。

3コックリ湖_KD20096.jpg

コックリ湖です。
本当に静かです。
やはり、独りで来るのが宜しいかな。

4コックリ湖_20119.jpg

本当に踏跡が薄い散策路です。
天気の悪い日は止めた方がよさそう。

釧網本線 川湯温泉駅にて

川湯温泉駅_0048.jpg

釧網本線 川湯温泉駅にて

この頃の北海道は雪が沢山降る気候だった。
関東からの人間からすれば北国は大変だ~の思い。
今年の冬は阿寒で少ない雪で移動日に峠で吹雪いて、
あ~北海道らしくなったと千歳市近郊に着いたら
雪が前々無くなった。

撮影現場に向かう道路も雪無し。
モチベーションも上がりません。
野鳥などは餌が食べられるのでラッキーかな。
寒い雪の朝などはエゾシカが川に入って
岸辺の草を食べていた。
こんな自然の営みに感動したものです。
温暖化なのでしょうかね。

丹頂鶴

探鳥鶴_A4866.jpg

丹頂鶴

10年前くらいの画像です。
確か、この時は宿での夜にコロナでない
ノロウィルスが発病した。
2泊だったのでひたすら寝て、
一度だけポカリスエット買いに外出。
翌日は無事に移動出来ました。

宿に迷惑を掛けないように必死。
子供から多分感染したと思います。
北海道であとにも先にもこんな苦労は
一回だけです。
旅では病気も怪我も絶対に避けないと
いけませんね。
食べ物には十分に注意しないと。
飲み過ぎも御法度でですね。

ヤマセミ

ヤマセミ_N0528.jpg

ヤマセミ

この日は早朝からヤマセミが元気だった。
林の影辺りで光の足らないエリア。
高速シャッターは使えない状態。
静止した状態をおさめて直ぐに
ヤマセミは川に飛び込んだ。
そしてお魚を加えて止まり木に、
嘴には獲物が咥えられていた。

カメラのモニターを見てもブレブレの画像。
凄いスピードで飛び込むヤマセミ。
魚を咥えて水面に浮かんだ姿。
次は水面に出て止まり木に向かう様子。
お魚を咥えてた画像は枝の影。
ツキがない撮影日は正月2日。

爺さんは地図

鳥屋戸尾根.jpg


YOROG3は毎日山の本や地図は見ている。
頭に入っているかは別問題。
こうしているとモチベーションが常に高まる。
昨今はスマホでも地図アプリがある。
GPSも使えるので現在位置確認などには便利。
でも、この地図ではマイナーなコースは載っていない。
今朝は遭難者情報を見ていてこの事に気付いた。
たま々過去に歩いたコース近くで遭難者が発見されたと。
それで電子版の地図で確認したらコース記述がなかった。
改めて紙地図の大切さを認識致しました。

スマホやGPSは電池の問題もある。
YOROG3はスマホは節電設定で山では使用。
長い距離の時は充電バッテリーも持って行く。
GPSには予備電池も備える。
鳥屋戸尾根も数カ所に迷い易い場所がある。
滑落事故が起きている箇所もあります。
そうそう倉戸山では滑落事故が何回か
起きているのに驚きました。
滑落はアッと言うだけでは済まないですから。




ヤマセミ

ヤマセミ_Y0052.jpg

ヤマセミ

この時は定位置で頑張ったけどヤマセミ現れず。
気分転換に三脚にカメラを載せたまま歩いた。
発見!ヤマセミ君だ。
先ずは数枚撮って間合いを詰める。
なるべく木の陰になる様に身体を隠す。
こんな時は凄く気持ちが高ぶっている。

ここ数日はベストの体調ではない。
いよいよ流行のあれに罹ったかと。
最初はあれ々暑いなと薄着で過ごす。
二日目はあきらかに体調悪い。
筋トレはお休みを致しました。
昨日は結構体調が戻った感じ。
買物も筋トレも普段通りに致しました。
今朝は少しノドに違和感を覚える程度。
この間パルスオキシメータの値は平常値。
ま~今日&明日はアクティブな動きはやめます。
何せ高齢者ですから。

アカゲラ 雌

アカゲラ雌_877.jpg

アカゲラ 雌

北海道では駅前で見たりしますね。
地元の方に聞いた話では、
家も穴をあけたりすると。
YOROG3はアカゲラは見かけると
嬉しい鳥のひとつですね。
一寸友達気分と言うのでしょうか。

コゲラ

コゲラ_H1003.jpg

コゲラ

ナキウサギを撮っている間に撮りました。
野鳥はあるタイミングで現れます。
次々に木を渡り歩くように移動して行く。
短時間でパチパチ撮るのは楽しい。
一寸スポーツ感覚の様な。
午前中に撮影は終えて展望の良い場所で
コーヒーを頂きます。

白バラ

白バラ_17.jpg

白バラ

家の庭のバラでこれが一番好きです。
と言うのも私が購入して植えました。
以前よりも花が小さいなと今朝の花を
見て思いました。
肥料が足りないのでしょうか?
アリが花に登っておりました。
昆虫も凄いですね。

カワガラス

カワガラス_E0073.jpg

カワガラス

YOROG3は北海道のここで初めてカワガラスに
出会いました。
厳冬のこの中でよく餌を捕れるなと感心。
撮っているYOROG3も寒かったです。
周囲には誰もおりません。
キタキツネがトボトボと河原を歩いていた。

エゾリス

蝦夷栗鼠_A293.jpg

エゾリス

北海道でエゾリスやヤマセミを撮影している時は、
自分の気持ちがとてもシンプル。
早朝から長い時間を過ごしているが、
あっと言う間に1日が終わってしまう。

彼らが現れない場合も当然あります。
そんな時はカメラを抱えて森や近くの
林道を歩いたりします。
違う野鳥が楽しませてくれたり、
梢を突く音がしてクマゲラを見つけたり。

足元の草むらに野ネズミがチョコマカ。
ひょうきんな狸がトボトボ歩いていたりと。
どんな場合も眼と気配の察知は欠かせない。

蝦夷シマリス

蝦夷シマリス_0149.jpg

蝦夷シマリス

チョコマカ動いて餌を食べている。
崖の下から上まで素早く動く。
本命はナキウサギを撮る事だが。
ここのシマリスは色々と楽しませてくれる。
冬眠をするわけだから沢山食べて栄養を
蓄えているのだろう。
三脚を持ってこなかったので、
手持ちで彼らを追うのは爺さんには
難儀な事です。

ヤマセミ

ヤマセミ_H0737.jpg

ヤマセミ

このヤマセミは姿もそうだけど、
飛ぶ様子も若いとYOROG3は思う。
朝のうちにヤマセミの姿を見つけると、
その日はウキウキ気分です。
午前中に会えないと駄目だなと。
これは他の動物も同じですね。
午後は温泉に入ってリラックス。
やはり高齢者だもの。

庭のバラ

バラ_0004.jpg

バラ

このバラはあまり好きではない。
色がどうも好みと違う。
木も大きく花も大きめ。
しかし、庭にバラが咲いていると
朝に猫と歩く時に気分は良い。

豚バラ肉角煮にチャレンジ

角煮_0644.jpg

豚バラ肉角煮

YOROG3が新しいメニューにチャレンジ。
これは結構煮込む時間が長い。
それに肉を1時間ほど煮たあとに冷蔵庫で
1時間ほど寝かす。
これは時間がないので直ぐに料理を継続。
出来上がりを心配したがそれ程肉に問題はなかった。

野菜にも肉のうま味がしみて美味しかった。
肉も硬くなかったのでホッとした。
この料理なら日持ちもするので、
山に行く前々日くらいに作ると良いかなと。
どこにも出掛けてないので食べる量はセーブです。

阿寒湖 エゾリス

エゾリス_E0657.jpg

エゾリス

阿寒湖のエゾリスです。
雪の中の蝦夷栗鼠は大好きですよ。
朝のうちに出会って撮影出来ないと
その日は先ず駄目ですね。
数年前に森の木が倒れてから
個体数が減った感じをうけます。
今年の冬は殆ど撮れなかった。