テーマ:北海道

ホオジロ

ホオジロ 夏の昼下がりに一人で蕎麦畑脇でうろうろ。 本当にたまに通るのは町の循環バスだけ。 それにキャンプだと殆ど人との会話は無し。 河原にも下りて見る時があるが、 まれに猛禽類の姿を見るだけで鳥さん居ない。 蕎麦畑や近くの防風琳だろうか? ここには鳥さんが時折姿を見せてくれる。 お昼だけは町に昼食をもとめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原

草原 北海道 名寄市北星の草原でノンビリの画像です。 少し林道を走って草原にたどり着きます。 贅沢な夏の思い出と言うかな。 山やこんな場所に行くと気持ちが柔らかくなる。 ここしばらくは天候が芳しくない。 登山に行けない分をウォーキングで発散だ。 意識して心拍数をある程度高くなる様に歩く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹頂鶴

丹頂鶴 この大きな個体が空を飛べる不思議さ。 北海道もダンダンと開発で自然が減っている。 丹頂鶴が暮らせる環境が続く事を願います。 ダイエットの一環としてウォーキングをしていて、 周囲の開発が凄く進んでいる事にビックリした。 残っていた農家が畑や山林を手放して住宅に変わった。 今の住宅は庭が無いのですよね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オジロワシ

オジロワシ 今後の天気予報を毎日何回もチェックしております。 スマホに有料の登山気象予報を入れてある。 これで目的の山天気を調べる。 連日スマホで確認するがでるはため息ばかりです。 傘マークが続いているのです。 この時には雷予報を合わせて調べますね。 一度だけ雷雨に遭遇した事がありますが。 山の落雷は本当に怖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若いキタキツネ

若いキタキツネ やはり顔が若い感じがしますね。 鹿追町のシイシカリベツ川沿いで、 野鳥や動物を探している時に会いました。 コロナ騒動の最中のTVはつまらない。 お陰様でTVの前に座るのが減って助かる。 動き不足を増大させるのを防いでくれる。 マスコミでも運動不足と度々伝えますね。 私達の身体で一番カロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金多豆蔵

金多豆蔵 津軽中里駅で確か撮ったと記憶。 北海道からの帰りに津軽鉄道で沿線の旅。 吉永小百合さんの桜の芦野公園駅。 津軽五所川原駅の周辺も散策。 残念だったのはむつ湾フェリーに乗れなかった事。 台風で欠航になってしまった。 大間周辺でのドライブはちと怖かった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾライチョウかな?

エゾライチョウ エゾライチョウで合っているのだろうか? 芽登温泉の帰りだったかな。 車から鳥を見つけて急いで撮った。 サッと撮れるようにカメラは後ろの席に置いておく。 もちろん、シートベルトで落下防止。 林道は静かに走ると良い事がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爺さんダベさ

YOROG3は登山で一寸でもつまずくと自分チェックがはいる。 やはり下山時が要注意ですね。 それも危険度が少ない箇所での事が多い。 足をどこにおくかと考えている瞬間に足が着地。 自分としては減点と思う場合がある。 やはり、下山時など疲労で頭の回転が遅くなっているから? 一寸立ち止まるなどの対応が必要なのかな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギ

アオサギ 天候が悪く雨も降る様な日でした。 アオサギはとても警戒心が強くて、 一寸でも姿を見れると飛び立ちます。 広い海辺の湖で対岸に行かれると撮れません。 凄く神経を使ったのを覚えております。 この個体はアオサギの若鳥だとか。(図鑑みて) 人は殆ど来ない場所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバシリ

キバシリ これは豊似湖であいました。 最初にあったのは阿寒湖の湖畔だと記憶。 足がまさに木の幹に止まるのにピッタリですね。 予期せぬ出来事で行く先を変更。 思ったよりも早く尾根筋に到着。 先ずは日蔭名栗山山頂に。 ここからは雲取方面が眺められます。 山頂の雰囲気は気に入りました。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ2羽

カワセミ 図鑑で見るとどうやら幼鳥の様ですね。 岸辺を見ると小さな魚がおります。 これを狙っているのでしょう。 大きな鳥はあまり岸辺には来ない感じ。 もっともYOROG3を警戒しているかな? 他の場所も下見に行きましたが。 鳥さんは居りませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥 名前不明

北海道 天塩川にて 名前不明 狙っている鳥が来ない。 頭の中ではどうするか考え迷う。 鳥さんや動物さんは稀に出会うから 感動が大きいのでしょうね。 待っていると誰かが喜ばしてくれる。 この鳥もその一羽です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横取りカラス

横取りカラス 給仕場では丹頂に餌をあげている。 それを横取りしたカラス。 記憶では取った餌を埋めていたと思う。 カラスも餌を隠してあとで食べるのか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餌を求めてアカゲラ

アカゲラ 冬の動物は必死で生きている。 北海道の森では何時も感じます。 生物は食べると言う事が大切。 この国の食料自給率はカロリーベースで37%。 YOROG3は今の出来事よりも怖いです。 本当にこの先大丈夫なのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫咥えてハクセキレイ

ハクセキレイ このハクセキレイは何匹の昆虫を咥えているのか? 子供に与えるのかな? 野生の世界では肥満はいないのかな? 家の周囲の雀などを見て良く食べ物があるなと。 そう言えばツバメが可愛そうだった。 今や巣を構える場所・家がないのだ。 何と飲み屋街の軒下に巣を作ったあとが。 無情にも落とされたのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワシカモメかな?

ワシカモメ ワシカモメであっているかな? この日は他の場所で撮影して、 その後は晩成温泉で汗を流しました。 温泉成分中にヨウ素を大量に含み、 黄褐色透明の特徴のある温泉。 その後はホロカヤントウ近くで、 カモメ相手に鳥を撮る練習。 キャンプだと野菜不足になるので、 午後は美味しいサラダのお店に。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なきうさぎ

なきうさぎ なきうさぎの指の数。 私たちとは違いますね。 8月前半の撮影ですが秋の気配が。 お盆頃に北海道では長袖を着ていると記憶。 ナキウサギも食べ物を蓄えておりますから。 流石に秋が早いのですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水浴び

水浴び ウトナイ湖サンクチュアリ散策コースにて 蚊に狙われながらじっと我慢。 三羽で水浴びを見る事が出来ました。 四十雀の幼鳥かなと?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿寒町布伏内 かくれんぼ

阿寒町布伏内 かくれんぼ 近くに行くとお茶を飲んだ喫茶店 かくれんぼ オーナーがお店に出なくなって、 確かお母さんがやっていたと記憶。 店の裏の河原で石炭がひろえた。 持って帰った石炭は今も部屋に置いてあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガラかな?

コガラ 図鑑を見て名前を確定している。 果たしてあっているかな? ナキウサギは出ない時も多々ある。 そんな時は野鳥が来ればシャッターを切る。 鳥は結構群れで行動してますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日高本線 絵笛駅

日高本線 絵笛駅 駅名に惹かれて行ったのが最初ですね。 牧場のなかにポッンとある絵笛駅。 今は日高本線は不通状態ですね。 YOROG3は寂しいですね。 北海道の風景に鉄道は似合いますから。 道路もそれなりに流れていて不便を感じない。 でも、高速道路が今は作られている。 人の流れが変わって道路沿いのお店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かなキャンプ場

キャンプ場 ここはメインの道路から10数キロかな? 奥まった行き止まりの地。 そのせいなのかキャンパーは極端に少ない。 だから良いのだけど。 水も沢水で飲料には適さないと・・・ それなりの目的がないと利用は難しいかな。 キャンプでノンビリの長期滞在の方もいる。 薪で火を得て本を読んで酒飲んで。 たま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かです

早朝にラジオやTVをつけるとボリュームが大きいと 感じる事がありますね。 YOROG3の暮らす街もご多分に漏れずに騒音がある。 山や湖などでは本当に静かで癒やされますね。 北海道は本州と比べるとまだ々静かだと思います。 何せ長い時間居ても自分一人と言う事が。 キャンプ場は意外とうるさいから場所を選ばないとね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニマシコ

ベニマシコ 音威子府で撮影した画像です。 ご夫婦のベニマシコでしょうね。 同じく夏に訪ねておりますが会えません。 蕎麦畑にて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

然別峡野営場 鹿の湯

然別峡野営場 鹿の湯 何年も前の画像なので当時とは変わっている事でしょう。 この時は川の水量がかなり多いと思う。 その後には台風でお風呂に石が入ってしまったとか。 入れない時があったと記憶。 然別峡野営場は自然の中で人も少なくて私は好きです。 夜はトイレも電気が切れるのでヘッドライトは必要。 こんな感じなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なきうさぎ

なきうさぎ 咥えている植物はナキウサギがよく食べている。 でも、昨年の夏はこの植物が減っていた。 なのでナキウサギは違う場所に餌を求めていた。 森も刻々と変化している事は確か。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北狐

北狐 野生の生き物は餌を得るのが大事なお仕事。 私たちが目にするのはこの時が殆どでしょう。 悠長に遊んでいると天敵に狙われる。 冬の時期は必死に餌を求めているのでしょう。 普段なら逃げる間合いでも撮れた北狐。 表情にこれが表れている気が致します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹頂鶴

丹頂鶴 青空を飛ぶ丹頂鶴を初めて見た時は感動しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more