テーマ:高齢者

高齢者歩く

サクラマス YOROG3一生懸命に歩いた。 お昼前の気温も結構高かった。 時間 1時間20分53秒 距離 8.69Km 計算では  6.4463218627653 km/h (時速) 歩いている自分の中で走った方が良いのではと。 ネットで見ると どんどん早歩きの速度をあげていくと、人間はどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨が続く

雨が続きますね。 これが一番スカッとしない原因かな。 雨の中で庭のバラを撮ってみました。 今はニュースや報道は殆ど見ない聞かないな。 そんな中で今朝はお隣の国の料理番組を見た。 人口の多い国だけに外食シーンでのパワーに驚き。 印象に残ったのがザリガニの料理・食事風景。 何時も思うのだけどよく食料対象の生物が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何時もと変わらずだけど黄身二つ

普段通りに早朝に起きて猫の世話。 髭剃りとシャワーで朝食。 YOROG3は基本が ご飯 卵 納豆 牛乳 グレープフルーツジュース 今朝はこれに 冷や奴 グリーンアスパラガス 畳いわし ヨーグルト 驚いたのが卵の黄身が2個入っていた事だ。 初めてではないが超珍しい出来事だ。 何か良い事があるかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋パワー

蝦夷鹿 自分を見ていると色々と都合良く解釈する事がある。 鏡を見てずいぶんと老けたなと思う気持ちの脇に、 だけど歳のわりに若いかなと思ったりと言う事。 冷静に考えれば年相応に身体はなっているわけだ。 録画で百名山の番組を見た。 若いガイドと年配の地元のお年寄りが山に登る。 沢を登る場面が大半で足元が石なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々鍛える

北海道 ふくろう 「幻の山カカボラジ 全記録~アジア最後の秘境を行く~」を 録画で見た。 このなかで登山家の倉岡裕之の体格を見て凄いと思いました。 年齢は50代半ばを過ぎている。 上半身だけど筋肉があるなと。 懸垂を日々なさっているような。 やはり、鍛えているんだなと。 YOROG3も薄い胸ぐらをもっと厚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランス力を鍛えろ

サクラマス 地図であれこれと考えたあとに山のバイブルを開いた。 高齢者登山の注意点をチェックしてみた。 ありましたよバランス能力の低下だ。 YOROG3はもっと若い年齢の時からこれが劣っていた。 ですからバランスマットで訓練はやっていた。 ところが地味な運動なので何時しか終わりになっていた。 そのあともやり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コースを考え調べるのは楽しい

雨の土曜日ですが。 パソコンで山地図を開いてあれこれと考える。 コースタイムを調べる事から始めますね。 ここでは高齢者登山でも大丈夫かなと。 次はバスなどの交通機関の事をチェック。 下山時の遅れなどを考慮して考える。 ルートはなるべく知らない山だと、 YOROG3は登りに使います。 下山時の間違えは気づきにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爺さんの最高心拍数が突然アップ

蝦夷栗鼠 最高心拍数の求め方は以前も書きましたが。 最高心拍数=208ー(0.7×年齢) YOROG3は高齢者でま~最高心拍数は159くらい。 その証拠に120拍/分以下くらいがハァ々しない限界値。 背負う荷物は11キロくらいで楽ではない登山。 最高心拍数に近いと必死の登りだった。 それが嘘の様な体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爺さんは地図

YOROG3は毎日山の本や地図は見ている。 頭に入っているかは別問題。 こうしているとモチベーションが常に高まる。 昨今はスマホでも地図アプリがある。 GPSも使えるので現在位置確認などには便利。 でも、この地図ではマイナーなコースは載っていない。 今朝は遭難者情報を見ていてこの事に気付いた。 たま々過去に歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚バラ肉角煮にチャレンジ

豚バラ肉角煮 YOROG3が新しいメニューにチャレンジ。 これは結構煮込む時間が長い。 それに肉を1時間ほど煮たあとに冷蔵庫で 1時間ほど寝かす。 これは時間がないので直ぐに料理を継続。 出来上がりを心配したがそれ程肉に問題はなかった。 野菜にも肉のうま味がしみて美味しかった。 肉も硬くなかったのでホッと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者 食べ過ぎに注意

北海道 なきうさぎ  食べ過ぎかなと時々気になります。 高齢者なので基礎代謝は低いと思っている。 それは体重がなか々減らないからね。 体重が減れば山歩きももっと楽になるはずです。  先日の山歩きのデータを調べてみた。 地図にある標準コースタイムが9時間25分。 YOROG3の行動時間 9:28:37 これには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 夏に目指せ羊蹄山

なきうさぎ  高齢者の今では羊蹄山は無理かなと心配している。 昨年がバテて行動時間が長かったので。 原因は気温の高さとYOROG3は思っている。 沢山背負って行った水も帰りにはギリギリの状態。  そんな状態でも山頂のお鉢巡りはチャンとしました。 一番の心配原因は下山時の疲労ですね。 以前はこんな状態はなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者 世の中

函館の猫  コロナのTVは多いけど殆ど拝聴してない。 YOROG3からすれば知ってどうなるものでもない。 自分のペースで生活をしてそれで駄目ならそれまで。 でも、新聞などの報道で伝えるデータがどう言ったものか?  そんな中でサイトで見つけたこの国で1日に亡くなる人数。 記載の数字を確証した訳ではないが好い加減では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 体力の衰え

 山を歩いている時に若い頃の事を思い出す。 何も考えずに歩いて適当に休んで目的地到着。 疲労を長く引きずって歩いたなどは記憶にない。  今はペースや心拍数を時折チェックしながら歩く。 下山時は荷物も減って軽くなった事を感じながら、 登りの疲労もダンダン薄らいで行く。 でも、下りは転倒の危険があるので神経は使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 次はどこ?

YOROG3はやりませんでした。 他の方々は結構楽しんでおりましたね。 幸せそうにこの前で富士山をバックにパチリ。 YOROG3が下山時にお隣の国の方々かな? 10人ちかくで登ってこられてた。 明るい方々でほぼ全員が挨拶してくれた。 一寸戸惑いましたね。 YOROG3は出来れば毎週の登山を目指したい。 継続してな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 杓子山 鹿留山

 今朝は3時10分頃に家を出た。 計画では高座山から杓子山に向かう計画だった。 ところが山では野焼きをやると言う事で立ち入りを 制限する看板があった。(4月25日おこなう趣旨) 急きょコースを変更した。 不動湯コースに車で向かいました。 初めての登山道なので林道で先ずはスタート。  車をゲート下のスペースに駐車。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 動脈血液 酸素飽和度(SpO2)

北海道にて  コロナ騒動で時折耳にするパルスオキシメータ。 YOROG3はかなり前にこれを購入して使っております。 購入の動機は富士山麓研究施設でパルスオキシメータを 使用してみたのが動機です。 この時はYOROG3は低めの値だったと記憶している。 施設の方の説明ではこの場所は標高が900mくらいで 高いから問題の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者 飼い猫も高齢それがボケた

北海道美深町仁宇布 松山農場の羊  家には3匹の猫がいる。 正確には2匹半でしょうか? この中の1.5匹はYOROG3と同じ高齢。 0.5匹は白ちゃんと呼ばれる猫で殆どは外で暮らしている。 これがほぼ24時間以上姿を見せなかった。 いよいよどこかで亡くなったのではと思っていた。  それが夜にヒョコッと姿を現した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 鳥も撮したいと

 奥多摩の山歩きをしていると野鳥に出会う。 そんな時は撮影をしたい気持ちなります。 でも、カメラに三脚を背負ってはとても高齢者登山には 無理な事なだな~ 先日の歩きの時も直ぐ傍に野鳥が来てくれた。 当然見とれるだけでお別れ。  北海道の山では三脚は持たずにカメラ&レンズだけで ナキウサギを撮りに行った事を思いだした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 心拍数を考える

 高齢者のYOROG3は若い時と違って急登では苦労する。 それだけに頂上を極めると嬉しい気持ちは大きい。 抜かれる事は常々で稀に道を譲られるとプレッシャーになる。 ですから、登山者の少ない山の方がマイペースで歩きやすい。  今はGPSウォッチで心拍数をチェックしながら歩いている。 おいおいペースが早過ぎるぞと自分に言い聞か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 鷹ノ巣山再挑戦 石尾根奥多摩駅下山

YOROG3 行動 登山時間7:21:27 距離 19.61Km  休日のバスダイヤは一番が6時6分発確か? それで家を3時30分スタートとした。 駐車場には釣り人が来ていた。早い! バスにはYOROG3含め4名の乗客。 御前山登山か?2名が下車した。 戸倉口ではYOROG3ともう一人が下車。 お天気が良くて桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 倉戸山から鷹ノ巣山雪で敗退

自宅を4時10分にスタート。 奥多摩駅を目指しました。 6時15分頃到着しました。 乗車したバスにはYOROG3が独り。 心配していたバス停からのルート。 簡単にわかりました。 一寸登って奥多摩湖は綺麗でした。 登りは最初からキツイです。 でも、天気も良くて風景も綺麗。 思っていたよりも楽に倉戸山山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 倉戸山鷹ノ巣山奥多摩駅

明日はどうやらお天気も大丈夫そうな予報。 そこで以前から考えていた倉戸山鷹ノ巣山奥多摩駅を 歩こうと思う。 鷹ノ巣山から倉戸山下山は一度歩いている。 この時に記憶に残っているは、 榧の木山でのコース迷いと倉戸山急な登山道。 奥多摩駅までなので距離も長い事も不安材料。 時間も長いのと今のコロナ情勢なので、 車で奥多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者 健康

YOROG3の居住地でもウィルス感染が出たとありました。 感染ばかりはまさに運次第ですね。 色々な感染症でも家族全員と言う事態は経験ないですね。 風邪などで医者通いも記憶の範囲ではない。 YOROG3は何時も通りに生活するだけです。 ここ数年は9時頃に就寝で5時頃には起床の 生活パターンを繰り返しております。 山に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者 健康

タンパク質摂取のヤマセミちゃん やはり、食物繊維なのか! 筋肉を増やすには、筋肉破壊。 これが必要だと栄養学の本に。 筋肉を破壊と言う事は身体の負担。 疲れた、だるいと感じる事も。 運動をすればエネルギーも消耗。 ミネラル・水分も不足する。 内臓にも負担をかける。 タンパク質だけでなく、 他の栄養素も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 身体作り

このところは忙しくて登山が出来ていない。 週末は天気が悪そうなので週明けを考えて居ります。 早朝に歩きたいのと今の世相を考えて車で行こうと。 山歩きが無いと体重がアップ傾向。 こんな時はと筋トレはチャンとやっております。 このところは運動の質に気をつけている。 継続をしていると運動が楽に感じる様になるので、 負荷を上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 新たな目標

昨日は友人と昼食を頂いた。 場所はファミレスでした。 11時オープンの様で少し前には男性客が待っていた。 私もすぐに店内に入った。 友人が現れた頃には6~7割客席が入っていた。 入口からトイレまでアルコール消毒が置かれていた。 客が来ると店員さんが消毒を促していた。 食事をしながらあれこと話をした。 彼とは同い年で高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 ゴボウの甘辛煮

YOROG3は料理も致します。 これをすると結構身体を動かす事になるからです。 歩いて買い物に行く事もあるし、 家の中でチョコマカ歩く事にもなる。 一番の効果は身体の為の栄養を考える。 塩分や脂肪を気にする様になりました。 これが結局は山につながると思うのです。 ゴボウの甘辛煮です。 これにすり胡麻を掛けて頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 脂肪を落とせ

YOROG3は若い頃は痩せ型でした。 今でもこの部類に入るのかな? でも、若い頃と比較すると太っている。 贅肉・脂肪があると言う事です。 ですから食べ物で脂質は気にしますね。 そこで時々栄養学の本を開く。 1㎉は1Lの水の温度を1度上昇させると。 イヤ~凄いですね。 大人の1日の消費カロリーは2000㎉前後で、 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者登山 腰痛で

昨日にパソコンの前で一寸無理な体勢で屈んだ。 うっとイヤ感じが腰で感じた。 その後に腰が少し痛くなった。 心配したがその後は痛みもそれ程なかった。 夜には筋トレを始めた。 その時に山のバイブルを開いて確認しながら運動。 終わってから他の頁を何気に開いた。 腰痛の項目がありました。 文章には興味を引く事が書かれていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more